ニュース・コラム

News/Column
  • 2022.04.14

IT導入補助金2022のご案内

IT導入補助金2022について、公募スケジュール等が更新されましたので、お知らせします。
IT導入補助金は中小企業・小規模事業者を対象に、ITツール導入経費が最大3/4補助されます。
またクラウドツールに対しては最大2年分の利用料が補助されます。

式サイトはこちら

補助対象者や補助率など

通常枠(A・B類型)

補助対象者

中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

補助対象経費

ソフトウェア費・クラウド利用料(最大1年分補助)・導入関連費等

公式サイトにて公開予定のITツールが補助金の対象です。

補助金の上限額・下限額・補助率

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)

補助対象者

中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

補助対象経費

ソフトウェア購入費、クラウド利用費(最大2年分補助)、ハードウェア購入費、導入関連費等

公式サイトにて公開予定のITツールが補助金の対象です。(一部のハードウェアを除く)

補助金の上限額・下限額・補助率

スケジュール

通常枠(A・B類型)

締切日
1次締切分5月16日(月)17:00(予定)
2次締切分6月13日(月)17:00(予定)

デジタル化基盤導入枠 (デジタル化基盤導入類型)

1次締切分4月20日(水)17:00(予定)
2次締切分5月16日(月)17:00(予定)
3次締切分5月30日(月)17:00(予定)
4次締切分6月13日(月)17:00(予定)

IT導入補助金のご利用について

IT導入補助金申請は、業務効率化やクラウド化をお考えの企業様、インボイス制度への対応をご準備中の企業様には特に有効に活用していただける補助金です。
デジタル化基盤導入枠では、ソフトウェア費用・導入関連費用・クラウド利用料(最大2年分)が補助され、ハードウェア購入費も対象です。

IT導入補助金のご利用をご検討の方は、
お早めのGビズID(gBizID)取得をおすすめします。

GビズID(gBizID)はIT導入補助金2022の申請時に必要になります。
GビズIDは、1つのID・パスワードで様々な行政サービスにログインできるサービスです。
申請から交付まで3週間ほどかかる場合がありますので、お早めの取得をおすすめいたします。
実際の申請や詳細については公式サイトをご確認ください。

https://gbiz-id.go.jp/top/